SpeedyGallery

Current Exhibition

展示名
Pop Out Again.

アーティスト
Tetsuya Tamanoi

期間
2021年5月1日から

コンセプト

玉ノ井 哲哉は、1970年生まれ。
コンテンポラリーアーティストであると同時に、撮影用セットデザイン、立体造形なども製作する工房をもっている。

この世代は、日本のポップカルチャーの影響を強く受けていると同時に、アメリカ西海岸のカルチャーにも憧れをもったMTV世代だ。

and more…

日本には優れたエンタメコンテンツがある。
まずハリウッドで数多く映画化原作になったコミックがある。80年代からヨーロッパに輸出されているテレビアニメがある。

いまやNetflixが一角にスタジオを構える日本のメジャー映画スタジオ「東宝」が作ったゴジラや特撮映画。タランティーノが愛した東映の任侠シリーズがある。

それらの映画から無数のフィギュア玩具がたくさん発売され、いまでも多くの怪獣フィギュアファンが世界中に存在する。その玩具達を模した形状をポリエステル樹脂(Polyester resin)で制作し特殊な塗装方法で作品にした。また浮世絵で用いられたグラデーションをほどこして、新しい表現を実現している。

玉ノ井の発想は、それらのニッポンブランドに西洋のテイストをスパイスしたアートになっている。

前回展示の立体作品から新たに 4作品が加わって新しく展示される。

福田淳
作品紹介

新シリーズの紹介

Anonymous   (Adam &Eve)
SNSという果実を食べた男女(アダムとイヴ)は、自己表現という知恵を手に入れたがそれと引き替えに匿名性を失ってしまう。それは自由か不自由か。現代の状況を表現した作品。

Appeared (Chocolate monolith)
「2001年宇宙の旅」に出現するモノリスを模した作品。
(チョコ板のサイズの比率はモノリスと同じ1:4:9)劇中では猿が突如現れたモノリスに触ることで人への進化が始まった。チョコレートをかじるという行為が子供から大人へ成長していくイニシエーションであるという表現。(超訳ですが)少し右寄りに板が寄っているのはさっきまでそこに人が居たというアンバランスな余韻。

Imagine (Cross cake)
一般的日本人の無宗教者から見た西洋文化の象徴である十字架とスイーツ。
他文化への羨望と理解しきれない宗教的概念を組み合わせて作品にする事で、何が見えるのか。キリスト教宗派の人が見た時に作品に何か宿るのか、それとも只のフェイクなのか。

Contrast  (Chainsaw cake)
現代では可愛く甘く優しい象徴のような物であるケーキやスイーツ(甘味)。
しかし長い間特権階級のみが食べられるものであった。産業革命、植民地政策、奴隷労働など、人間社会の縮図の延長にある甘美な食べ物。その対比をアイロニーを込めて作った作品。

Gradation & Bokashi シリーズ
グラデーションの表現の素になっているのは浮世絵。 浮世絵は『ボカシ』を多用して空間を表現する方法を取り入れています。 それをアメリカでカスタムカーの塗装方法として定着しているキャンディカラーの技法と掛け合わせて作品を作りました。 日本の怪獣映画は、公開と同時にたくさんの塩ビ・フィギュアの玩具がたくさん発売された。その特殊な塗装方法を今回アート作品にもとりいれてみた。また、ギークが愛する怪獣映画は正義の味方と悪役の怪獣が戦います。わたしのアートも”対”として表現しています。

Crumpled & Drip シリーズ
この作品は、子どもがするような手法(垂らす、切る、貼る、削る、潰す)をもちいて造形しています。その結果、立体造形物が、塗料をとらすことによって、くにゃくにゃした作品に仕上がりました。スカルプチャーの形をクリアレンジで固めています。Claes Oldenburg、Robert Rauschenberg などポップアートに影響を受けた作品です。 人類も怪獣もみんな海からやってきた。その大事な海の上を軽々とムーブできるサーフ。東京からロスに渡ったわたとの作品をアメリカもみなさんも是非楽しんでください。

Artist Profile

Tetsuya Tamanoi
Tetsuya Tamanoi

1970年生まれ。 農協職員・仏具販売会社・クラブ(踊る方)のオーナーを経て
2000 彫刻、美術デザイン、造形の仕事を始める。
2008 現代美術作家としての活動を開始。

個展
2009 :「夢を見ない午後、、、」MORI YU GALLERY TOKYO
2012 :「空想世界遺産vol,1」MORI YU GALLERY TOKYO

コミッションワーク
2009「旅団エルメッチュ」メゾンエルメスウィンドウディスプレイ、東京

展示風景
ショップ

Online Viewing

アプリなしでスマホからもご覧頂けます。また作品からご購入も可能です。

Upcoming Exhibition

To be announced! Stay Tuned!

Speedy Gallery Online

Speedy Shop

Speedy Galleryのアートワークはオンラインでご購入できます。ギャラリーまたはスピーディ・ギャラリー・オンラインでお好きな作品があれば、スマートフォンやPCでご購入し世界中のどこからでも世界中に発送できます。

Artists

日本のコンテンポラリーアーティストをアメリカの方々に紹介します。

Gallery Info

住所
B5B, 2525 ミシガンアベニュー, サンタモニカ, カリフォルニア州, アメリカ合衆国, 90404

営業時間
金曜日・土曜日 12:00〜17:00
ご予約の場合はお電話でお問い合わせください。(323-304-7450)

営業時間の更新または変更については、Instagramをご確認してください。

コンシェルジュ

  • 平川 貴彬
    平川 貴彬

About

アートは、社会を変える最強の武器だ!

ロサンゼルス初!日本人アーティスト専門ギャラリーオープン

みなさんご存知の日本人アーティストって誰でしょう?
ケン·ワタナベ? タカシ·ムラカミ? スティーブ·アオキ? この中で、コンテンポラリーアーティストは村上隆だけですね。ケンは役者、スティーブは有名なステーキハウスを経営するオーナーの息子で世界的なDJですよね。and more…2019年5月、私はロサンゼルスに「スピーディ・ギャラリー」をオープンしました。わたしは無類のアート好きとしてアートを蒐集する傍ら、自身でも数多くのアートイベントを成功させてきました。シェフ·ワトソン(AI)とアーティストが競うアートショーや、世界中から珍しい巨大植物だけをあつめて美術館で展示をしたり、単なるアート展示ではなく、人々があっと驚く仕掛けでアートに関心のない人たちにもアートの楽しさや意義を伝えてきました。

普通のギャラリストがやらないアートイベントをロスでも仕掛けていこうと考えています。その拠点として「スピーディ・ギャラリー」は誕生しました。日本では十分知られているアーティストで、世界では知られていないアーティストにフォーカスして、このスピーディ・ギャラリーで紹介していこうと思います。

アートが作る「社会との接点」

スピーディ・ギャラリーも普通のギャラリーのようにアート作品を売ります。そして、その売った絵の利益を慈善団体に寄付することは可能です。しかし、そのやり方だけでは十分ではありません。そのようなリッチな人たちが集まるチャリティパーディはわたしはやらない。わたしのギャラリーは普通のアート好きが集まるコミュニティの場なのです。

私はかつて長きに渡り、インターネット企業の経営にも携わっております。また、SNSプラットフォーム向けのコンテンツの販売でディズニーを超えるシェアを叩き出しました。そこでネットネイティブの思考を完全につかむことができました。彼らは、ネットを活用して知らない社会に参加することを知ってます。だからこそ、難病ALSを救うアイスバケツチャレンジや香港の雨傘革命、グレタ·トゥーンベリちゃんの気候変動問題など SNSから社会を変える大きな動きが起きたのです。

ギャラリーにいってポストしたら、知らず知らずのうちに人々や地球を救えるなんて素敵だと思いませんか?
ぜひ、みなさん、スピーディ・ギャラリーに気軽に遊びに来てください。

Owner Profile

福田 淳

福田 淳(ふくだ あつし)

ブランド コンサルタント。
1965年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。

ソニー・デジタルエンタテインメント創業者。
横浜美術大学 客員教授、金沢工業大学 客員教授。

and more…

コンサル業務以外にも、女優”のん”などタレントエージェント、ロサンゼルスを拠点としたアートギャラリー運営をはじめ、北京でのイベント企画・キャスティング業務、エストニア発のブロックチェーンを活用したサイト運営、企業向け"AIサロン'を主宰、沖縄でのリゾート開発・ハイテク農業など活動は多岐にわたる。

自社の所属アーティストとは、日本の芸能界にはなかった「米国型エージェント契約」を導入したことでも話題を呼んだ。

1998年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント社 バイス・プレジデントとして、衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わる。

カルティエ「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」受賞 (2016年)
ワーナー・ブラザース「BEST MARKETER OF THE YEAR」
3年連続受賞 (2012-14年)
日経ウェブ「21世紀をよむITキーパーソン51人の1人」選出 (2001年)

文化庁 「コンテンツ調査会」委員
経済産業省 「情報大航海時代考える研究会」委員
総務省 「メディア・ソフト研究会」委員

近著
『スイスイ生きるコロナ時代』(髙陵社書店) 共著 坂井直樹氏
『パラダイムシフトできてる?』(スピーディ出版)
『SNSで儲けようと思ってないですよね』(小学館)
『これでいいのだ14歳。』(講談社)
『町の声はウソ』(サテマガ)

(株)スピーディ 代表取締役社長
Speedy Property Management Inc. - President
Speedy Gallery Inc. (CA, U.S.) - President
Speedy Euro OÜ - President
星光速度国際文化伝媒 - 董事
(株)髙陵社書店 取締役

NPO「アシャンテママ」 代表理事
NPO「葬祭儀々」代表理事
NPO「ファザリング・ジャパン」監事
NPO「タイガーマスク基金」発起人

Speedy Group

会社 : 株式会社スピーディ (Speedy, Inc.)
設立 : 2017年9月7日
住所 : 東京都港区六本木7-7-7 8F 〒106-0032
事業内容:日本、北米、中国、イストニアなど世界中に拠点をもつエンターテインメント・グループ。
ブランドコンサルティング、タレント・エージェンシー、アートギャラリー運営、出版社、オンラインライブ配信、VRによるパブリックビューイングなど幅広く手がける。

公式ウェブサイトへ